【研究内容】
鈴木研究室は,金属材料をはじめとする材料を対象に,材質・形態の制御を目的とした材料プロセスの研究・開発を行っています.
・早稲田大学が伝統的に得意とする「溶解」,「鋳造・凝固」,「塑性加工」の分野において,技術をさらに高めるとともに,基礎を構築する研究を行っています.
・日々高度化する新規材料,分析・実験技術,理論を常に取り入れながら,新たな分野を切り開いています.

主な研究テーマは以下の通りです.

方向性気孔を持つポーラス金属の製法開発,特性評価,応用開発

発泡アルミニウムの製法開発,特性評価,応用開発

微小重力環境および地上での液体金属の拡散係数測定

微小重力環境および地上での溶液中のソーレ測定

航空機エンジン用Ni基超合金の合金開発,特性評価とリサイクル技術開発

金属3D積層造形における金属粉体の溶融・凝固現象

高張力鋼板の打ち抜き特性,変形特性

金属の応力緩和挙動(中性子線回折の利用)

超高強度極細線の開発と加工技術開発